CLOSE

2020.01.26
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆様おはようございます。こんにちは。こんばんは。

お昼ご飯を買って来ると、「今日は変な味の食べ物じゃないんだ…」と
周りから不当なガッカリをされている田中です。

未だに前作ブログのイメージを引きずっている様です。
いつもいつも変な味の食べ物を食べているわけではありません。
まだご覧になった事がない方は是非一度ご覧ください。
お腹を抱えては笑えませんが、フフッと鼻で笑って頂ければ幸いです。

さて、早くも「くだらなさ過ぎて笑える」「明日使えないトリビア」など、温かい
言葉を頂き支えられている変な動物シリーズですが、本日はお休みします。

本日は、変な味の食べ物シリーズ【復刻版】をお送り致します。
社内において、前作ファンの方が未だに一定数おります。
食べ物シリーズを終える際には惜しんでくださる声もちらほら…。

そして2019年が終わり、年末年始の休業を終えたまさに1年の始まり。
出社するやいなや、「田中さん!」と声が掛かりました。
声のした方向へ視線を向けると、そこにはカスタマーサービス部のN課長の姿が。
新年のご挨拶もそこそこに、
「田中さん!恒例のやつまた買ってきたから!」とN課長。

…恒例のやつですか?

「そう、恒例のアレ!」

…恒例のアレとは?

「食べ物!買ってきたから、ブログ書いてね!」

…ああ!!!恒例の!!!!!

 

わざわざ年末、ご家族とお出掛けされた際に買ってきてくださったとの事です。
ブログにも度々登場される、社内きってのファンでいてくださいます。
誠にありがとうございます。

「でも持ってくるの忘れた!」

 

……

 

数日後、出勤すると机の上にこんなものが…

一生懸命伏せていたのに名前出ちゃいました…

今回ご紹介致しますのはこちら、

…読めません。何ですか。何語なんですか。日本語でお願いします。
これは嫌な予感がします。主に作り方的な意味で。
これ絶対作り方分からないパターンのやつだ…挿絵から作り方を予測して、
辛うじて数字だけは分かるから何分待たなければならないのかを探り当てていく感じだ…
※この様な事態は既に経験済みです

おそるおそる裏面を見ると…

…日本語かよッ!!
と心の中で思わず、さまぁ~ず 三村さん風ツッコミを入れながら開封。

湯切りをするタイプの珍しいラーメン?の様です。
とにかく香辛料の匂いが凄い、ザ・エスニックといった感じ。
好き嫌いが分かれそうな気がします。

個人的には辛い食べ物が好きなので、美味しく頂けました。
日本の料理ではまず入れないであろう量の香辛料が入っています。
苦手な方にはお勧め致しませんが、香辛料大好き!もしくは、
自分もさまぁ~ずが好きです!という方は是非お試しください。

( 中南信支店 田中 佳佑 )
2019.12.14
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆様おはようございます。こんにちは。こんばんは。

健康診断で中性脂肪が基準値を下回り要検査になりました、

枯渇系男子 田中です。

 

前回から新たに次回の動物名前予想を募集し始めましたが、

早速反響がありました。次回予告は「マ〇〇ネ〇」。

皆様の予想は如何でしたでしょうか。

寄せられた予想の9割が「マネキネコ」でした。

マネキネコは生き物ではなく、焼き物です(正論)

 

今回の答えはこちら

「マヌルネコ」です。結局ネコはネコなのですが。

知らない方も多いかもしれません。日本に生息しておらずマイナーな生き物です。

野生のネコで、長い体毛がかなりの密度で生えているためコロコロ太って見えます。

体形は愛らしいのですが、顔がキツめです。我々が馴染み深いネコに比べて

目が顔の正面中央寄りかつ目つきが非常に悪いのが特徴です。

人に懐かず、やはり飼いネコとは違う野生感があります。

 

このマヌルネコもやはり変な生き物シリーズに相応しく、変わった所があります。

それは「威嚇する時の顔」です。顔つきがキツめではありますが、

黙っていれば愛らしいビジュアルを持つこのネコ。

犬歯を剥き出して相手を威嚇するという特徴があります。

その顔がとんでもないです。

この険しい表情。

この世の全てを敵だと思っているかの様な…。

因みに田中は靴下を裏返しのまま洗濯機に入れた時、

母にこの顔をされます。

 

この恐ろしい表情。

まるで般若の様な…。

因みに田中はズボンのポケットにティッシュを入れたまま

洗濯機に入れた時、母にこの顔をされます。

 

以上、母にバレない事を祈るばかりのマヌルネコのご紹介でした。

 

次回 番外編 たまには癒しシリーズ 「シマ〇〇〇」 お楽しみに。

( 中南信支店 田中 佳佑 )
2019.11.14
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆様おはようございます。こんにちは。こんばんは。田中です。

先日の台風で被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 

相も変わらず、飽きもせず、変な生き物を紹介して参ります。

このシリーズを始めてから恒例となっております次回予告と言う名の次回予想。

皆様、正解率は如何でしょうか。私の周りではブログの内容よりも次回予想の方が盛り上がっております。

先月は「ハ〇〇ロ〇ウ」でした。中々当たらないのですが、面白い回答が幾つかございましたので紹介致します。

 

エントリー№1 「ハクフクロウ」→鳥なのは当たっているけれど違います。

エントリー№2 「ハシフクロウ」→名前は正解に近付いたけれども違いますし、「ハクフクロウ」の時点で

                 ツッコミたかったのですが、そもそも「ロ〇ウ」なので

                 フクロウにはなりません。

エントリー№3 「ハクヤチョウ」→一気に正解から遠ざかりましたし、「ロ」が入っていないですし、

                 地名ですし生き物じゃないですし語呂がいいですし面白いですしもう正解で

                 いいんじゃないかとすら思います。優勝。

 

正解を超える面白い回答が出てしまったのでもう紹介するのも若干はばかられますが、正解は…

「ハシビロコウ」です。変わった生き物の中ではメジャーな方だと思います。

一定数のマニアがおり、昨今の動物園ではハシビロコウを売りにしている所もございます。

魅力は無愛想な顔、動きがおっそい所等様々ありますが、個人的には太古の生物を彷彿とさせる

ビジュアルです。大きな嘴を持ち、鳥類としては大型な部類(体長110~140cm)。のっしのっし地上を歩く彼は

想像になってしまいますが、小型・軽量化が進むその他の進化を経た鳥類よりも原始に近い姿形を

残しているのではないか?そう思いを巡らせると非常にロマンがあります。私、大好物です。

 

あと、頭頂部の一見寝ぐせに見える羽も好きです。

どう生えているのか分からない、何の為に生えているかも分からないという「よく分からなさ」がツボです。

色々な魅力があって書き切れません。残念ですが今月はここまで。

 

生き物の意味不明を愛せる貴方は今日から「アルプスピアホーム変な生き物同好会」の一員です。

会員になりたいという方は田中までお申し付けください。今なら幹部のポストをご用意致します。

 

次回「マ〇〇ネ〇」 ※予想募集中です。採用された個人的に面白い回答は次月ブログに載ります。

 

 

 

 

( 中南信支店 田中 佳佑 )

プロフィール

松本ショールーム
アルプスピアホーム「松本ショールーム」のスタッフブログです。

最新記事

高校野球
2021.07.26
夏の到来
2021.07.25
ビギナー
2021.07.25

カテゴリ

アーカイブ