CLOSE

2021.04.29
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田です。

 

好きな漫画シリーズ第10弾は、テニスの王子様です。
毎度お馴染みの週刊少年ジャンプの作品です。
1998年~2008年まで連載され、アニメを始め、ミュージカル、
CD等でも大ヒットした革命的な作品です。

 

物語は、リョーマが所属する青春学園テニス部が団体戦で全国大会優勝に向けて
勝ち上がっていくというストーリーです。

主人公は青春学園テニス部一年越前リョーマで、その天才的な運動センスで,
一年生ながらも名門青春学園テニス部のレギュラーとして活躍します。

 

連載当初は、実際にプロのテニスプレイヤーが使用する技術を駆使し、それぞれ個性あふれる
登場人物たちの試合を描いていましたが、途中から常人離れした技の数々である意味ジャンプらしい
作品へ変わっていきます。
それぞれ登場人物のテニスにかける想いや情熱、勝利への執念がキッチリ描写され読者を熱くさせます。

 

テニスの王子様はその挑戦的な漫画のタイトルからも分かるように、登場人物のほとんどがイケメンです。
そのため、イケメン俳優を起用したミュージカルも人気を博し、女性読者がかなり多い作品ですが、私のように男の読者もかなりいます。
それは、この漫画の少年ジャンプらしい友情・努力・勝利が詰め込まれた作品であるからにほかなりません。

 

テニスの王子様が少年心を忘れない男性諸君はもちろん、女性も楽しめる作品ですので、ぜひ一度読んでみてください。

( 中南信支店 梅田 博之 )
2021.03.26
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田です。

 

好きな漫画シリーズ第9弾は「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」です。
この漫画は2004年~2008年まで少年ジャンプにて連載していたホラーバトル漫画です。

 

 

この漫画は、霊により、人々が害される霊犯罪が度々発生する現代の日本が舞台です。
そういった霊犯罪に対し、霊を裁きあの世に送るためにできたのが魔法律です。
この世界には魔法律協会という機関が存在し、霊を裁くことができるのは、
5つの階級がある内の最高階級である執行人のみです。

 

主人公は、若き天才執行人六氷透(ムヒョ)と凡人の草野次郎(ロージー)で、
ムヒョは魔法律家の最高位である執行人に最年少でついた天才であるのに対し、
ロージーは一番下の階級である二級書記官という異色のコンビです。
このコンビの互いを想う絆とロージーの成長がこの漫画の見どころの一つでもあります。

 

こうした登場人物が成長していく物語は、まさに王道ジャンプ作品という印象ですが、
私がこの漫画に魅力を感じた部分は、別にあります。

 

それはいい意味でジャンプ作品っぽくない作風です。
ホラー漫画にふさわしい不気味な絵は、当時小学生であった私は恐怖を覚えたものです。
その強烈なインパクトと霊から追われるドキドキハラハラ感、
最後に魔法律で霊を裁く爽快感は読む人を本当に熱くさせてくれます。

 

本当におススメできる作品なので、ぜひ読んでみてください!

 

( 中南信支店 梅田 博之 )
2021.02.26
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田(100%中の100%)です。

好きな漫画シリーズ第8弾は「幽遊白書」です。

以前私のブログで「ハンターハンター」を紹介いたしましたが、
「幽遊白書」の作者も「ハンターハンター」と同じ冨樫義博先生の作品です。

 

「幽遊白書」は1990年から1994年にかけて週刊少年ジャンプで連載されたバトル漫画です。

物語は、皿屋敷中学2年の地元でも有名な不良である「浦飯幽助」が、
道路を飛び出した子供を助けようとして命を落とすという衝撃的な展開から始まります。

普段の行いがあまりにも悪い幽助が、そんな行動を取るとは霊界でも予想外の出来事で、
極楽にも地獄にも行き場のない幽助は、生き返るチャンスを閻魔大王の息子の「コエンマ」から与えられます。

案内人の「ぼたん」と共に悩みを抱える人間や、成仏できない霊を救っていくことで幽助は復活を遂げることになります。

その後は霊界探偵として現世で悪事を働く妖怪たちが巻き起こす事件を解決していきます。

 

「幽遊白書」は初期の段階ではバトル漫画ではありませんでしたが、この霊界探偵編から徐々にバトル漫画へとシフトチェンジしていきます。

霊界探偵編では途中で仲間になる、人気キャラの飛影や蔵馬とのバトルや
霊力と呼ばれる特殊な力を駆使して戦う霊光波動拳を取得するなどワクワクできる展開が多いです。

 

そしてなんといっても盛り上がったのが、暗黒武術会編です。
そこで出てくるのが作中でも人気の敵キャラ戸愚呂兄弟です。(実質弟のみですが)

人気な漫画には人気な敵キャラが存在しますが、「幽遊白書」の敵キャラといえば
10人中10人が口を揃えて戸愚呂弟というくらい存在感あふれるキャラクターです。

 

暗黒武術会での幽助VS戸愚呂弟の壮絶な戦いや、富樫先生らしいキャラクターのセリフの言い回しの他
まだまだ魅力満載の「幽遊白書」ぜひ見てみてください。
私も戸愚呂弟を目指して日々の筋トレを頑張ります。

( 中南信支店 梅田 博之 )

プロフィール

松本ショールーム
アルプスピアホーム「松本ショールーム」のスタッフブログです。

カテゴリ

アーカイブ