CLOSE

2021.09.30
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田です。

夏の厳しい暑さもすっかり落ち着き、秋の肌寒さを感じる季節になりました。
秋と言えば、○○の秋とよく言いますよね。皆様はどんな秋がお好きでしょうか。
私はもちろん食欲の秋が大好きです。

 

そんな食欲の秋だからこそ、今回は私がハマっている漫画をご紹介します。
好きな漫画シリーズ第15弾は「美味しんぼ」です。

 

この漫画は今まで紹介させていただいた漫画と違い、私自身現在進行形で漫画とアニメを楽しんでいるところです。
Youtubeの公式チャンネルもあり、毎週更新されるのが日々の楽しみとなっています。

 

「美味しんぼ」は1983年にビッグコミックススピリッツにて連載がスタートし、現在は休載中となっています。
漫画は現時点で全111巻とかなりの巻数があるため、読み切るのには相当な期間がかかりそうです。

 

この漫画は、東西新聞社文化部社員のぐーたら社員山岡士郎と新入社員の栗田ゆう子を主人公として、
会社創立100周年を記念した企画である「究極のメニュー」を作り上げることが物語の本筋です。
そして、この「究極のメニュー」を通し、様々な人と出会いその人が抱える悩みを食を通して解決していくという物語です。

 

この漫画の面白いところは非常に沢山あるのですが、一つは感動的な人間ドラマです。
特にトンカツ慕情という話が感動的で、トンカツの思い出からずっと探していた恩人に再開するという話で、私自身アニメを最初に見たときは泣きました。

 

2つ目は、主人公山岡士郎の父である海原雄山の存在です。
もしかしたら名前だけでも知っている方はいるかもしれませんが、美味しんぼを語る上で切っても切れないのが海原雄山なのです。
あることがキッカケで親子の縁を切った山岡士郎と海原雄山が、「究極のメニュー」を通し再会を果たします。
親子の確執から食でのバトルが毎回行われるのですが、それも美味しんぼの面白いところになります。

 

気になる方は漫画でもYoutubeでもぜひご覧ください。

( 中南信支店 梅田 博之 )
2021.08.26
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田です。

お盆休みで時間もたっぷりあったので、何種類か漫画を読み返しました。
そこで読み返した漫画の中から、今回は紹介いたします。

 

好きな漫画シリーズ第14弾は「チェンソーマン」です。
2018年12月~2020年12月まで週刊少年ジャンプで掲載された漫画で、
「ファイアパンチ」や最近ネット上で話題にあがった「ルックバック」の作者である藤本タツキ先生の作品です。

 

藤本先生は、多くの漫画家の方からも天才と呼ばれるほど、話の構成が素晴らしいです。
また、独特の世界観から生み出される迫力のバトルシーンは、映画のワンシーンを彷彿とさせます。

 

チェンソーマンは悪魔という怪物が、当たり前に存在している世界が舞台になっています。
この物語の中で登場する悪魔にはそれぞれ名前がついており、その名前が人間にとって恐怖の対象であればあるほどその悪魔は強大になります。
例えば、「コーヒーの悪魔」がいたとして、コーヒーには怖いイメージがないためおそらく弱いです。
逆に「車の悪魔」は危ないイメージもあるので、強いかもしれません。

 

主人公のデンジは、「チェンソーの悪魔」であるポチタとともに、亡くなった親の借金を返すために悪魔を倒す「デビルハンター」で生計を立て、
借金は自分の臓器を売するなどして返してはいましたが、なかなか減らず、人並みのごく普通の生活がしたいという夢を持っていました。
そんな中仕事をもらっていたヤクザに騙され「ゾンビの悪魔」に殺害されます。
「チェンソーの悪魔」であるポチタはデンジの血を飲み、契約をすることでデンジの心臓となり、復活します。
復活したデンジは「チェンソーの悪魔」に変身する力を手に入れ、「ゾンビの悪魔」を一掃します。
そこで駆け付けた公安のデビルハンターに導かれ、その身を管理されることとなります。
ここまでが第一話の話になるのですが、少年漫画としてはなかなかハードな内容です。
それでも人気漫画になったのは、話の構成や言葉の細部まで考え込まれたところだと思います。

 

最近アニメのPVも公開され、今後一番の盛り上がりを見せること間違いなしの漫画です。
流行りに乗り遅れる前にぜひチェックしてみてください!

( 中南信支店 梅田 博之 )
2021.07.26
[アルプスピアホーム[松本ショールーム]スタッフブログ]

皆さんこんにちは
プランナーの梅田です。

 

夏がやって来ましたね!夏といえばエアコンのガンガンきいた部屋で甲子園を見るのが毎年の恒例行事です。

 

甲子園シーズンということもあり、今回の好きな漫画シリーズ第13弾は前回同様野球漫画の「キャプテン」です。
キャプテンは1972年~1979年まで月間少年ジャンプにて掲載された野球漫画です。

かなり昔の漫画ですが、野球漫画を何種類も読んでいる私が一番おススメする野球漫画がこのキャプテンという漫画です。

 

漫画の名前にもなっている野球部のキャプテンが主人公なのですが、最初の主人公谷口から代々キャプテンが変わり、
主人公もその度変化していくのがこの漫画の面白いところでもあります。
完結までに4人のキャプテンが描かれ、それぞれが特徴的で苦悩する部分も違います。
そうした苦悩の中でキャプテンとしてチームを率いていく姿が、この漫画の魅力です。

 

また、この漫画のすごいところは、とんでも魔球が登場するわけでもなく、かわいいヒロインが登場するわけでもなく、
純粋に泥臭く努力をして勝ち上がっていくという点です。
女性に関しては主人公の母親くらいしか出てこないくらい硬派?な漫画です。

 

あの元メジャーリーガーのイチローさんもこの漫画には影響を受けたとテレビで見たことがあります。
努力をすることの大切さと、何があっても最後まであきらめない気持ちをこの漫画は教えてくれますので、
読んだことがない方は是非読んでみてください。

( 中南信支店 梅田 博之 )

プロフィール

松本ショールーム
アルプスピアホーム「松本ショールーム」のスタッフブログです。

最新記事

ダム
2021.10.23
おいしい季節
2021.10.22
夜は…
2021.10.21

カテゴリ

アーカイブ